葛の花イソフラボンにはどんな効果があるの?

葛の花イソフラボンにはどんな効果があるの? 効果

この記事では【葛の花イソフラボン】の【効果】について説明します。

葛の花イソフラボンの効果をまとめるとコチラ

  • ダイエット効果
  • 美容効果
  • 健康効果

それぞれの効果をより詳しく書いていきます。

葛の花イソフラボンのダイエット効果

葛の花イソフラボンのダイエット効果

葛の花イソフラボンの効果で有名なのは【ダイエット効果】

芸能人やモデルさん逹も、葛の花イソフラボンのサプリを飲んでダイエットに成功しています。

では、なぜ葛の花イソフラボンを摂ると痩せるのか、そのメカニズムを説明しますね。

脂肪を分解

私達の体は、白色脂肪細胞内にある中性脂肪をエネルギーに変えて消費しています。

ですが脂肪はそのままではエネルギーに変えられません。
脂肪分解酵素の【リパーゼ】の働きで、脂肪が脂肪酸に分解された後、エネルギーになります。

葛の花イソフラボンはリパーゼの働きを促す効果があるため、脂肪が分解されやすくなります。
そのため効率よく脂肪が燃焼され、体脂肪が減っていく仕組みです。

脂肪を燃焼

分解された脂肪は、褐色脂肪細胞の働きによって燃焼されます。

葛の花イソフラボンは褐色細胞の働きも促すため、脂肪の燃焼が早まります。

なので葛の花イソフラボンを摂っていれば、体の脂肪がスムーズに燃焼され、痩せていくんです。

リバウンド防止

燃焼しきれなかった糖や脂肪は、肝臓で中性脂肪に合成され、体内に溜まっていきます。
それが【体脂肪】です。

葛の花イソフラボンは、糖や脂肪が中性脂肪に合成されるのを防ぐため、体脂肪が溜まりにくくなります。

そのため太りにくくなり、リバウンドもしにくいので、途中でダイエットに挫折することもありません。

メタボリック症候群を予防

2009年にマウスによる葛の花イソフラボンの実験が行われました。

メタボリック症候群のメスのマウス達に、葛の花イソフラボンを与え続ける実験です。

結果は、葛の花イソフラボンを摂取していないマウスよりも、摂取し続けたマウスの方が、体重の増加が少なかったのです。

さらに体重だけでなく、血圧やコレステロール、インスリンの値が健康の範囲になっていました。

そのため葛の花イソフラボンはメタボリック症候群の改善や予防に効果があると言えます。

メタボリック症候群になると、高血圧や糖尿病、心臓、血管の病気に繋がる恐れもあるため、予防するに越したことはないですね。

葛の花イソフラボンの美容効果

葛の花イソフラボンの美容効果

葛の花イソフラボンはダイエット効果だけでなく、【美容効果】まであるんです。

葛の花イソフラボンで痩せて、さらに肌までキレイになれたら嬉しいですよね。

では具体的にどんな美容効果があるのか書いていきます。

美肌

葛の花イソフラボンにはビタミンも含まれているため、美肌効果があります。

葛の花イソフラボンに含まれているビタミン類はコチラ

  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • ナイアシン

葛の花イソフラボンは上記のビタミンがまとめて摂れます。

そのため肌が健康になり、摩擦や紫外線などの外的刺激から肌を守る力が向上します。
また肌荒れも起こしにくくなり、乾燥肌も改善します。

そしてナイアシンが肌のターンオーバーを促すため、肌に溜まった古い角質が剥がれやすくなり、肌が生まれ変わります。

美白

葛の花イソフラボンはシミの改善や予防にも効果的です。

チロシナーゼというメラニン生成酵素の働きにより、シミができます。
葛の花イソフラボンはそのチロシナーゼの働きを阻害する効果があるんです。

そのためシミの原因であるメラニンが肌で生成されにくくなります。
また葛の花イソフラボンには美白効果もあるため、シミを改善します。

アンチエイジング

肌のハリや弾力を保つために必要なもの、それは【コラーゲン】です。

ですが年と共にコラゲナーゼという成分がコラーゲンを分解してしまいます。

コラーゲンの少なくなった肌は弾力がなくなり重力でたれて、ほうれい線やシワができてしまいます。

しかし葛の花イソフラボンを摂取すれば、コラゲナーゼがコラーゲンを分解するのを阻害できます。
そのためいつまでも若々しい肌でいられるんです。

葛の花イソフラボンの健康効果

葛の花イソフラボンの健康効果

そして葛の花イソフラボンには健康にも良い効果があるんです。

葛の花イソフラボンを摂取すれば、体の内側からキレイで健康になれますよ。

ではその嬉しい健康効果を1つずつ書きますね。

血流改善

葛の花イソフラボンを摂取すると血管が広がるため、血液の流れが良くなります。

すると代謝もよくなり、少しの運動でもカロリーが消費されます。
加齢による代謝の衰えも改善するため、どの年代の方にも効果があります。

また体温も上がるため、冷え性の改善にも期待できます。

そして血流が良くなることで、動脈硬化や血栓症などの血管の病気にもかかりにくくなります。

デトックス

葛の花イソフラボンで代謝が上がると汗をかきやすくなります。
すると汗で体内の老廃物が排出されるため、デトックス効果もあるんです。

体内に老廃物がなくなると、健康だけでなく、美肌にも繋がります。

また体のむくみが改善したり、疲労が取れやすくなったりと、嬉しい効果もあります。

体がスッキリすると朝から1日元気に過ごせるので気持ちいいですよ。

アルコール分解

葛の花は乾燥させると【葛花】という漢方薬になり、二日酔いの治療によく使われています。

葛の花は体内でのアルコールの分解を助けるため、二日酔いに効くんです。

また葛の花イソフラボンを摂取していると、アルコールの摂取量が減るというデータもあります。
どうやらアルコールへの欲を抑える働きがあるようです。

お酒をよく飲みすぎてしまう方に、葛の花イソフラボンをオススメしたいですね。

群発頭痛を改善

群発頭痛とは、ある期間に集中して起こる頭痛です。

だいたいが1~2ヶ月ほどの間に毎日頭痛が起き、その痛みは耐えられないほど強いものだといいます。

その痛みの強さから、【自殺頭痛】とも呼ばれています。

葛の花イソフラボンは、そんな酷い頭痛の痛みを和らげることもできるようです。
また群発頭痛が起きる頻度を減らしたり、頭痛の継続時間を短くする効果もあるようです。

更年期障害を改善

女性は加齢や閉経により、女性ホルモンのバランスが崩れ、更年期障害を患う人が多くいます。

更年期障害の主な症状は、肩こりや頭痛、動悸、のぼせ、イライラ、汗をかきやすくなるなど、様々です。

葛の花イソフラボンはそんな更年期障害の症状も緩和する効果があります。

また葛の花イソフラボンを24週間、毎日摂取していた女性は、萎縮性膣炎の症状である膣の乾きが改善されたようです。

このように葛の花イソフラボンは女性ホルモンのバランスも整えてくれるようです。

まとめ

葛の花イソフラボンにはダイエット効果があるのは有名ですが、ダイエット効果以外にも様々な効果があります。

欲を言うならば、美容も健康もどちらも手に入れたいものです。

葛の花イソフラボンを継続して飲むことで、体の外側も内側もキレイになれるなんて嬉しいですよね。

私はすっかり葛の花イソフラボンが手放せなくなりました。
この嬉しさを皆さんにも実感してもらいたいです(*^^*)

コメント