葛の花イソフラボンは【機能性表示食品】

葛の花イソフラボンは【機能性表示食品】 葛の花について

葛の花イソフラボンを含む商品のパッケージには、【機能性表示食品】という表示がされていませんか?

「機能性表示食品ってなに?」と気になっている方もいると思うので、機能性表示食品について詳しく説明します。

機能性が表示されている食品は3種類ある

【機能性表示食品】という言葉はあまり聞き覚えがないかと思いますが、
【特定保健用食品(トクホ)】や【栄養機能食品】は聞き覚えがあるかと思います。

これら3種類は【保健機能食品】に分類され、食品に機能性を表示することができます。

ではその3種類の保健機能食品を詳しく説明します。

特定保健用食品(トクホ)

特定保健用食品(トクホ)

まずは私達に一番馴染みのある【特定保健用食品(トクホ)】の説明です。

特定保健用食品(トクホ)は、健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められている食品が対象です。

国による効果や安全性の審査があり、そのあと消費者庁長官が許可を出すと特定保健用食品(トクホ)として認められます。

特定保健用食品(トクホ)だけが表示できるマークもあります。

栄養機能食品

栄養機能食品

続いて【栄養機能食品】の説明です。

栄養機能食品は、ビタミンやミネラルなどの栄養成分を補給するために利用できる食品のことです。

すでに科学的根拠が確認されている栄養成分を基準量含んでいる食品なら、届出をしなくても機能性の表示が許可されます。

栄養機能食品は国の審査や消費者庁長官の許可は不要で、国が定めた表現で機能性を表示できます。

機能性表示食品

機能性表示食品

最後に【機能性表示食品】の説明です。

食品に機能性をわかりやすく表示することで、消費者が正しい情報を元に選択できるようにと作られた制度です。

機能性表示食品は、生鮮食品を含む全ての食品(一部対象外)が対象です。

特定保健用食品(トクホ)のように国の審査や消費者庁長官の許可はいりませんが、企業側から科学的根拠を証明する届出が必要です。

そして企業の責任で機能性を表示できます。

科学的根拠が証明されているため、効果も信用できるでしょう。

届出のあった情報は消費者庁のサイトで確認できます。

葛の花イソフラボンの機能性について

葛の花イソフラボンの機能性について

葛の花イソフラボンは機能性表示食品です。

肥満気味な人の体重やお腹の脂肪、ウエストの周囲経を減らすのを助ける機能があると認められています。

そのため、葛の花イソフラボンが含まれているダイエット商品が多く販売されています。

ですが沢山摂れば効果が上がるというわけでもありません。

また機能性表示食品だからと言って、副作用がないわけでもありません。
もし葛の花イソフラボンを摂って体に異常があれば、摂るのをやめて下さい。

消費者庁から措置命令が出たことも

機能性表示食品には、表示の仕方にもルールがあります。

以前、葛の花イソフラボンを含む商品を販売している16社に、消費者庁から措置命令が出ました。

理由は【痩身効果を過度にアピールしていたから】です。

葛の花イソフラボンを含む商品を摂取するだけで簡単に痩せるように謳っている商品に対し、消費者庁は「事実と異なる」として、各社に科学的根拠を証明する資料の提出を求めました。

ですがいずれの資料も科学的根拠は認められず、各社には再発防止策などを求めました。

あくまで葛の花イソフラボンは【ダイエットをサポートする機能がある】成分です。

【摂取するだけでみるみるうちに痩せていく機能】はありません。

機能性表示食品として認定されるためには

以前は【医薬品医療機器等法】(薬事法)などの広告の規制により、食品の効果や効能を謳うことができませんでした。

ですが平成27年4月に新しく機能性表示食品という制度ができ、食品に機能性を表示することが許可されました。

もちろん機能性表示食品として認められるためには、様々なルールがあります。

そのルールを下記で詳しく説明します。

条件

機能性表示食品として認定してもらうためには、3つの規定があります。

1.安全性の確保
→その食品は安全なのかということ。

2.科学的根拠の証明
→科学的根拠を証明する資料は揃っているかということ。

3.正しい情報を消費者に伝えているか
→消費者が誤解しないように、情報は適切かということ。

この3つの条件をクリアした食品は、機能性を表示することが許されます。

ですが注意点として、疾病に罹患している方や未成年、妊婦や授乳婦(妊娠を計画している者を含む)を対象としていない食品に限られます。

まとめ

葛の花イソフラボンを摂るだけでダイエット効果があるわけではありませんが、ダイエットをサポートする機能があることは科学的に証明されています。

なのでただダイエットをするだけよりも、葛の花イソフラボンを摂りながらダイエットをした方が効率的に痩せられるというわけです。

どうせダイエットをするなら、確実に痩せたいですよね。

それなら食事制限や運動に併せて、葛の花イソフラボンを摂ると効率よく痩せられますよ♪

コメント